部活動指導ガイドライン

(部活指導ガイドライントップページへ戻る)

--------------------------------------
目 次
1 部活動の意義
  (1) 意義
  (2) 学校教育における部活動の視点

2 適切な部活動の運営と指導
  (1) 適切な活動量(休養日や活動時間の設定等
  (2) 組織的な運営体制の整備
  (3) 活動計画の作成
  (4) 顧問の役割
  (5) サポート体制の充実
  (6) 安全の確保と緊急時の対応
  (7) 体罰の根絶

【参考資料】

--------------------------------------

(ページ先頭へ)

1 部活動の意義

 (1) 意義

(ページ先頭へ)

 (2) 学校教育における部活動の視点

 学校教育の一環として部活動を実施するに当たって、以下の点に留意する必要がある。

(ページ先頭へ)

2 適切な部活動の運営と指導

 (1) 適切な活動量(休養日や活動時間の設定等)

 児童生徒のバランスのとれた学校生活や成長の保障及びスポーツ障害の予防の観点などから、児童生徒の発達段階に応じて部活動における休養日及び適切な活動時間を設定し、児童生徒や指導者の心身の疲労回復や負担軽減を図る必要がある。
ア 小学校
 児童の発達段階に応じ、過度な負担とならないよう十分に注意して運営する
イ 中学校
〇 平日の部活動について
〇 土曜日・日曜日の部活動について
〇 長期休業中の部活動について
○ その他

(ページ先頭へ)

 (2) 組織的な運営体制の整備

(ページ先頭へ)

 (3) 活動計画の作成

(ページ先頭へ)

 (4) 顧問の役割

 顧問は、部活動に関する学校の目標や運営方針を踏まえ、全教職員と連携・協力し、活動計画に基づいた運営や効率的・効果的な指導を行う。
ア 児童生徒の状況把握
イ 専門的な技術指導

(ページ先頭へ)

 (5) サポート体制の充実

 部活動を持続可能なものにしていくためには、必要に応じて周囲の協力を得ながら、学校全体、さらには地域社会と連携し、組織的に活性化を図っていく必要がある。
ア 保護者との連携・協力
イ 地域との連携

(ページ先頭へ)

 (6) 安全の確保と緊急時の対応

ア 安全の確保
イ 緊急時の対応

(ページ先頭へ)

 (7) 体罰の根絶

 体罰は、学校教育法第11条において禁止されており、顧問は、部活動指導場面のみならず、児童生徒への指導に当たり、いかなる場合も体罰を行ってはならない。体罰は、違法行為であるのみならず、児童生徒の心身に深刻な悪影響を与え、顧問及び学校への信頼を失墜させる行為である。

(ページ先頭へ)

【参考資料】

○「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」
(平成30年3月 スポーツ庁策定)

○「部活動指導ガイドライン」
 (平成30年7月 愛知県教育委員会策定)

○「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」
(平成30年3月 スポーツ庁策定)

(ページ先頭へ)